FC2ブログ

「国際 oyaji サミット in KYOTO」

  • 2007/01/15(月) 23:54:04

京都で、世界のおやじの井戸端会議「国際 oyaji サミット in KYOTO」が
開催されます。

世界から父親の子育て参加のあり方を学ぶ「国際 oyaji サミット in KYOTO」を開催し,
各国の子育てについての違いを認識しながら,
普遍的な“oyaji”像を模索します。
・日 時  平成19年2月3日(土)午後1時30分~(予定)
・場 所  国立京都国際会館ルームA
・内 容  世界のおやじの井戸端会議
        ~花咲け,おやじの子育て談義~
・参加申込 平成19年1月26日(金)まで 

参加は無料だそうです
詳しくは・・こちらを
「全国おやじサミット」も毎年しているみたいですよ。
「全国おやじの会」もあるんですって!
日本「おやじの会」連絡会へどうぞ

米で受精卵、初の商品化 

  • 2007/01/11(木) 15:03:48

ちょっとびっくりなニュースを見つけました。

『01/07 人間の受精した胎芽を子供が産めないカップルに
販売する世界初のサービスを米テキサス州の企業が始めた。

中略

 同バンクでは提供者から集めた卵子と精子を人工授精させ、
受精後8週間以内の胎芽を保存。
不妊に悩むカップルなど顧客は、
契約前に精子と卵子の提供者に関する情報、具体的には人種や教育、
性格も含めた特徴を詳細に検討。
さらに提供者の子供時代から成長するまでの写真を見たうえで、胎芽を選ぶ。購入した胎芽は顧客の女性か、
代理母の子宮に移植して誕生を待つという。
料金は受精卵ひとつ当たり2500ドルで、移植し、妊娠するまでにかかるコストは1万ドル以内としている。』

コメントは控えたいと思いますが
私個人的には、納得できません!!

不妊治療していらっしゃる方や、悩んでいる方
苦しんでいる方の気持ちもわかるし
いい情報、選択のひとつかもしれませんが
人間の命まで商売にするなんて、
やっぱりここまできたのかって思います。
とっても残念です。。。

親子の関係、スキンシップ、繋がり・・・と
今でも大きな問題になっているというのに
これでさらに大きな問題や事件がおきなければいいけど・・。
本当に、これでいいの?こんなことしていいの?
いや、、きっと起きるんじゃない??
って嫌な予感がします。
私は、嫌です!!

イザ!米で受精卵、初の商品化 不妊救済もドナー選別で倫理上問題

高市大臣(少子化対策担当)から「少子化に関する意見募集」

  • 2007/01/11(木) 00:52:37

内閣府、「1月の少子化に関する意見募集について」

高市大臣(少子化対策担当)からのメッセージとして
2つのテーマの意見を募集しています。

1・若者の就労支援について
2005年でフリーターは201万人、ニートは64万人いるといわれています。
政府としては、「若者自立・挑戦プラン」や「若者の自立・挑戦のためのアクションプラン」などを策定し、若者の働く意欲や能力を高めるための総合的な対策に取り組んでいます。

2・結婚・出産について
少子化の要因として、未婚化や晩婚化の進行、夫婦が持つ子ども数の減少があり、「結婚したいけれどもできない」、「子どもを生みたいけれどためらう」という声が聞かれます。実際にそのようにお感じになられている理由をお聞かせください。

締め切りは1月25日までです。
ご意見のある方は、↓へどうぞ♪

内閣府・1月の少子化に関する意見募集について