FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうする日本のお産?京都ディスカッション大会

  • 2006/07/20(木) 22:39:52

日曜日京都に行ってきました。

助産師、学生、医師、マスコミ、母親、国会議員などなど150人ほど
集まりました。
4月に分娩休止した舞鶴の医療センターの助産師さんの話がありましたが
現在のお産の現状を切実な思いで話をしてくれました。
人事ではないと感じました。
現に、各地ではどんどん産科が減ってきています。
この話を聞き5年後は一体どうなるのかって心配にもなりました。

この舞鶴医療センターでは、助産師さんたちが勉強、研修し
院内助産所を開設できるようにしたいと
言っていました。
ハイリスクの分娩は、何時間もかかって
病院に行かなければいけない。
そのときは、産科の先生も同伴し、また診察と寝る間もないぐらいの忙しさ。
などなど。。現状が次々と報告されました。
助産師さんたちが、いろいろ考え
努力しているって私は伝わりました。
すごいです!!

また、産科は医療訴訟が他の科よりも多く
産科を希望する学生が少なくなっている中
女性の医師が増えているという状況も報告されました。

産む場所がない、医学生や助産学師生をどう支えるか
医療者をどう支えるか
リスクの高い妊婦さんを、どう支えるか
健康な妊婦さんをどう支えるか
出産場所を選べない妊婦さんをどう支えるか・・

などのグループディスカッションでは
企画もよかったと思いますが面白い意見がたくさん出ました。
この時間が一番楽しかったかな?

ここでは書ききれないぐらいの深く大きな内容です。

マスコミではTBS「ニュースの森」のスタッフの方が来ていて
水曜日の6時過ぎに放送予定といっていましたが
この大雨で、放送されていません。
いつなのかな?
ほかにも、今秋放送の30分のドキュメンタリーの番組で
放送予定だそうです。

また、先日この事が
朝日新聞にも出ていました。
当時参加してくれた女性記者さんが、書いてくれたんですね?
この記者さんは、私の事も知っていて(何処であったのか覚えてないけど・・)
声をかけてくれました。
帰りもタクシー、電車を一緒になり、色んな話ができました。

こうやって大きなイベントに参加するといつも思うんですが
すごく影響されます。
色んな人と話して、前向きに考えていろんなアイディアが浮かんできます。

私はもう子どもは産まないけど、うめないけど・・(笑)
子供達のために何とかしないとって痛感しました。
そして、同じ職種の人が声を出すのは当たり前かもしれないけど
私の大好きな助産師さんを支えていくのは
私達母親だとおもい、声を上げないといけないと思いました。

そして、今回のイベントに参加して、他のサークルの先輩の方と
あって
私達がしていることもけしてムダではないとつくづく思いました。。。

今回の事と、サークルの事とどうしたらいいのか今は
わからないけど、きっと何らかの形で何かをしたいって・・
しなくちゃいけないと思ってます。

よし!私はがんばるぞ~~~!!
今回、京都であったみなさん、ありがと~~~
医療者の方々、頑張ってくださいね!
応援します!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。