FC2ブログ

「少子化」止める5つの極論

  • 2006/06/28(水) 16:34:55

読売ウイークリー(6月25日号)に、
「少子化」止める5つの極論
が掲載されていました。

『いったい、どこまで落ち込むのか――
ひとりの女性が生涯に産む子どもの数「合計特殊出生率」は
2005年、1・25で下げ止まらない。
少子化は国力の低下、つまり国が衰亡することを意味する。
歯止めが利かない少子化に妙手はないのか。』

どうしたら、少子化ストップになるのでしょう?

『一昨年12月の自民党の子育て小委員会で、
「暴論ではありますが、『独身税』を考えたらどうか」と、
あえて問題提起をした柴山昌彦衆院議員をはじめ、識者5人に聞いた。』

5人の意見を簡単にまとめてみました。

・「残業禁止日」で子づくりを
  夫婦仲相談所所長 二松まゆみさん
    少子化の原因の一つは、「夫婦関係」。
    週何日かの「残業禁止日」を設定すべき。
    恋愛したりデートしたりする余裕がない。未婚率が高くなるのも当然。
    男たちの時間と体力を、仕事以外に向けさせるような体制づくり。
  
・奨学金が子どもを増やす
 第一生命経済研究所ライフデザイン研究本部・副主任研究員 松田茂樹さん
    男たちの時間と体力を、仕事以外に向けさせるような体制づくり。
    専門家による子育て相談や児童館の整備など、
    専業主婦を孤立させないような取り組みが必要。

・国が子どもの教育の面倒を
 早稲田大学国際教養学部教授 池田清彦さん(構造主義生物学)
   親が子どもの教育にほとんどお金をかけなくても、
   立派に育つように、国が面倒をみてくれるようなシステムをつくる。

・まず無痛分娩の普及を
 ジャーナリスト 福沢恵子さん
  (1)育児負担が女性だけに集中しないライフスタイルの定着
  (2)出産や育児で退職せずにすむ職場環境と、
     退職しても希望する仕事ができる就業機会の整備
  (3)育児世帯に配慮した税制
  (4)育児不安に親身に対応するサポート機関の設置
  (5)お産の多様性の確保
   無痛分娩の普及は、不妊治療サポート以上に、
   出生率向上のカギになり得ると思います。

・少子化対応の税制を
 自民党衆議院議員 柴山昌彦さん
   若い人を対象にしたアンケートでは、
   「面倒くさい」「子育ての苦労をしたくない」ということを
   子どもを持たない理由とする人が多くなっている。
   経済的な面だけでなく教育面でも
   「家族や命の大切さ」を教えることが必要だと思う。

以上です。
私は個人的に、無痛分娩は大反対です!!
自民党衆議院議員 柴山昌彦さんの意見には大きくうなずくことができます。

この間もテレビでしていましたが、未婚で相手がいないけど
子どもは産みたくないって言う人が増えている。。
かなしいですね~
そういう人もいるということは認めますが
子育てにめんどくさいとか、苦労したくない
いやだ・・とかいうのは、根本的に考え方が違うんだな~って思いました。

そういう考えをもった娘さんの親は
「娘がそれなら仕方ない。子育ては大変だったから。」
っていっていました。
同じ親としてかなりショックでした。。。
たしかに、子育ては大変ですが
子どもを産んで育てて
自分自身も大きく変わったし、学んだこともたくさんありました。

読売ウイークリー「「少子化」止める5つの極論 」詳しくはこちら

第15回母乳育児シンポジウム in 東京

  • 2006/06/20(火) 13:19:40

第15回母乳育児シンポジウムは8月5日と6日 東京都で開催されます。
メーンテーマ「家族の始まりを支える母乳育児」

会場は、東京都 ホテルイースト21東京
9時~です。

会議費 会員10,000円 未会員12,000円  
     学生及び母親・父親3,000円
(すごく安い!!)
1日だけの参加の場合も参加費は同額です。

2日の8月6日の13時~~16時30分までの
 市民と医療者の交流会の参加費 無料です。

また、交流会の保育料-子ども1人500円
ただし、事前申し込みが必要です。
乳児は会場に一緒に入ってもかまいません。

この日本母乳の会は
国立岡山病院の故山内逸郎先生が、
“母乳をすすめるための産科医と小児科医の集い”として92年に開催され
その後、毎年全国に会場を移し
いまは、「日本母乳の会」として名前を変え活動しています。
活動の一つは、8月第1週目の世界母乳週間に
合わせて開催される本シンポジウムと
“赤ちゃんにやさしい病院”の認定です。
WHO・ユニセフの“赤ちゃんにやさしい病院(Baby Friendly Hospital)”の認定も
全国で40カ所となりました。

私も何度か参加してことがありますが、1番の楽しみは
2日目の市民と医療者の交流会です。
多くの医療者と私達母親が同じ席、同じ場で
母乳育児の事を話し合うことです。

病院ではえらい先生方も母親達の意見に
耳を傾けてくれます。
メモをとってくださる先生方もいらっしゃいます。


ぜひぜひ、お近くの方や興味のあるかた
参加してみるといいとおもいます。

シンポジウムのプログラム
参加申し込みは、こちら

どうする?日本のお産 ディスカッション大会

  • 2006/06/19(月) 13:34:25

よく耳にする産科病院が減少と言うニュース!!

産科勤務の医師がどんどん減少、高齢化しているのも事実です。
いったい、どうなってしまうんでしょう・・
こういう状況が進めば、さらに医師の数も減り病院はなくなり、
産むところがなくなりと、ますます悪循環になって
さらに少子化が進んでしまうような気がしています。
医学部の学生も産科医を希望している人も少ないようです。

自分がしたいお産。
納得のいくお産。
なんてどころではありません!!

命の誕生って大事なことなのに、
とっても寂しいことです。

妊婦さんたちが安心して出産できるようにならないものなんでしょうか?

そこで
「どうする?日本のお産 ディスカッション大会」
開催いたします。

主催者の方は
「この企画の軸は、「お母さん」です。どうしたら、お母さんと赤ちゃんが安心していられるのか。
お母さんと赤ちゃんが安心してお産をできること。
この軸だけは、ぶれることなく守っていきたいのです。」
と、おっしゃっています。

すでに、
横浜 5月14日(日)
仙台 6月4日(日) がおわり
次回は、埼玉県新座市 6月25日(日)に開催されます。
その後は、
京都 7月16日(日)
高知 11月11日(土)
長野 の予定になっています。

また、参加されない方でも
アンケート回答のみで参加もできます。
参加されない方でも、1度見に行ってほしいな~と思います。

詳しくは・・・どうするお産

基本はおっぱい.育児まずHUG(抱き締めること)から

  • 2006/06/18(日) 23:36:03

5/28の西日本新聞に、聖マリア病院副院長橋本武夫先生の
記事が掲載されました。

以前、「小泉内閣メールマガジン」の
「母乳の話」で橋本先生のことが紹介されました。

先生は、母乳はもちろん
「HUG(抱きしめること)」も、とても大事にされているように思います。
今回のこの記事をみると、うなずくことばかりです。

新聞記事も読めますので、是非ご覧ください。→ここです

小泉内閣メールマガジン【2006/4/13】第230号「かっこいい日本」
[特別寄稿]暖かい心を育む育児への提言
~おっぱい・語りかけ・そしてHUG~(聖マリア病院副院長 橋本武夫)